キャットフードと猫

人間と一緒で、猫も年齢に合わせた食事選びがとても重要です。猫は人間と違って、そこまで見た目に違いが出るわけでもありません。ですが、体の内側は事実衰えてきており、若いころのように健康的で丈夫ではありません。飼い主は、そんな状況も細かに察知しながら適切なキャットフードを選んであげるべきです。老猫であり、さらには飼い猫ともなれば食事はすべて飼い主任せとなります。幼い頃から一生懸命愛嬌を振りまいてくれた愛猫を、しっかり最後まで支えることは飼い主の使命です。

人間同様に加齢が存在するとはいえ、同じような感覚で捉えるべきでもありません。猫は人間よりも寿命が短いです。そのため、人間の年齢で換算すべきではありません。主には、猫の1歳は人間の18歳、5歳は36歳、20歳ともなれば96歳にすら相当します。こうした計算法から、猫は7歳を超えるとすでにシニア世代であると分類されています。

そんなシニア猫の健康を考えたとき、食事選びのポイントはいかに体を考えたものであるかという点になってきます。特に注目すべきは、カロリー面です。若い頃ほど運動量が多くないシニア猫にとって、豊富な脂肪は燃焼することが難しく、蓄積しやすくなってしまいます。また合わせて、消化機能や内臓なども若い猫より衰えているので、胃腸に優しいものを選ぶことも重要です。いつまでも若々しく元気でいて欲しいと願っても、やはり加齢は避けられません。以下、そんな低カロリーのキャットフードの重要性についてご紹介しています。ご参考ください。